相続登記に使用する戸籍の収集

相続登記に使用する戸籍の収集

相続による不動産の名義変更登記などを登記所に申請する場合には、登記の申請書とあわせて様々な書類を提出します。ここでは、相続登記などの手続の際に添付する戸籍謄本に関して記載しています。

 

 

■相続登記の際に登記所へ提出する戸籍謄本

 

相続登記の申請書には、原則として亡くなられた登記名義人の方の出生から死亡までについて記載のある戸籍謄本を漏れなく取寄せて提出する必要があります。これは、亡くなられた登記名義人の方の相続人が誰であるかを確定させるために提出を求められているものです。よって、死亡の記載のある戸籍謄本を登記所に提出するだけでは相続登記の手続きは進めてもらえません。

 

相続登記の手続きを進めるにあたって一番時間がかかる作業は、この出生から死亡までの戸籍の収集だと言えます。また、古い戸籍になるほど書いてある内容も多くなり、かつ、手書きの文字なので内容の把握も大変になります。

 

戸籍は、結婚したり転籍をしたときなどに新しく作られますが、その際、従前の戸籍に記載されていた全ての事項が引き継がれるわけではありません。そのため、亡くなられた方に関する過去の内容を確認するため、最も新しい記載のある戸籍からさかのぼって、過去の戸籍を順番に取り寄せる必要があります。

 

 

■戸籍の種類

 

戸籍は、その状態によっていくつかの種類があります。そのため、亡くなられた方の出生から死亡までの戸籍謄本を取寄せる際には、通常、複数の種類の戸籍を取り寄せることになります。

 

【現在戸籍】
 現在在籍している人がいて使用されている戸籍のことです。

 

【除籍】
 その戸籍に記載されている方が死亡したり結婚などでその戸籍から抜けて、
 現在その戸籍に在籍している人が誰も残ってない戸籍のことです。

 

【改製原戸籍】
 戸籍は法改正により作り替えられることがあるのですが、法改正で作り替
 えられた戸籍の元となる事項の記載がされていた戸籍のことです。

 

 

■戸籍の集め方

 

まず、亡くなられた方の最後の本籍地の役所で「相続手続に使用するので、出生から死亡までの記載のある戸籍の全てを交付してください」と言って請求してみます。もし、その役所で出生までの戸籍を取寄せすることができなければ、取寄せた戸籍の内容を確認のうえ、さらに別の役所で取寄せをすることになります。

 

その別の役所が遠方であるならば、郵送で戸籍の取寄せをすることも可能です。その際の手数料は郵便局で購入する定額小為替というもので納付する必要があります。

 

例えば、最後の本籍はさいたま市。さいたま市に家を買って引っ越してくる際に本籍も川口市から転籍。結婚して川口市に本籍を置くまでは宇都宮市に本籍があった、といったようなケースでは、さいたま市・川口市・宇都宮市の3箇所の役所で順番に戸籍謄本を請求することになります。

 

さいたま市に本籍がある場合、本籍を置いている区役所以外でも戸籍謄本等の交付を受けることができます(大宮区に本籍を置いている方が浦和区で戸籍謄本の交付を受けるなど)。

どうぞ、お気軽にご連絡ください

まずは、電話またはメールにてご連絡ください。

 

<電話でのお問い合わせ>
048-851-6020
(受付時間は平日9〜17時、土曜10〜16時です)

 

<E-Mailでのお問い合わせ>
info@office-seo.net
(原則、お問い合わせから24時間以内に返信させていただいております)

 

相続登記手続のご依頼は司法書士法人瀬尾事務所(埼玉県さいたま市
中央区・埼京線北与野駅前)へ。

 

土曜日も通常どおり営業を行っていますので迅速な対応が可能です。

相続登記に関連する記事