不動産名義変更(売買)

不動産名義変更(売買)

■不動産名義変更(売買)

 

不動産の仲介業者を通さずに行われる親族や知人間の売買であっても、すみやかに登記の名義変更をすることは後日のトラブル発生を防止するために重要です。

 

後で「売買代金を支払ったのに登記の名義が変更できない…」ということのないように司法書士が代金決済の場に同席し、まちがいなく買主の方に登記の名義を移せることを確認した上で、売買代金の授受と物件の引渡しを行っていただきます。

 

 

■登記手続のために準備をする書類など

 

登記手続のために準備をする書類等は次のとおりです。

 

・登記原因証明情報

 

【売る方】
・登記済権利証(または登記識別情報)
・印鑑証明書
・印鑑(実印)
・固定資産税の評価証明書

 

【買う方】
・住民票
・印鑑(認印でも可)

 

その他、事案により別途準備の必要な書類もあります。

 

 

■登記手続のための費用

 

登記手続にかかる費用は次のとおりです。

 

誰が手続をしてもかかる費用として

 

・登録免許税
 土地は、固定資産税の評価額×15/1000
 建物は、固定資産税の評価額×20/1000

 

「オンライン登記申請」を利用できる場合、登録免許税は
 10%(最大3,000円)の軽減を受けることができます。
 (この軽減措置は平成25年3月末で廃止となりました)

 

司法書士に登記を依頼する場合、上記に司法書士報酬が加わります。
なお、当事務所に依頼された場合の報酬の目安は次のとおりです。

 

・65,000円〜(税別)
(売買代金授受の場に立会う場合)

どうぞ、お気軽にご連絡ください

まずは、電話またはメールにてご連絡ください。

 

<電話でのお問い合わせ>
048-851-6020
(受付時間は平日9〜17時、土曜10〜16時です)

 

<E-Mailでのお問い合わせ>
info@office-seo.net
(原則、お問い合わせから24時間以内に返信させていただいております)

 

不動産名義変更(売買登記)のご依頼は瀬尾事務所(埼玉県さいたま市)へ。
土曜日も通常どおり営業を行っていますので迅速な対応が可能です。

不動産名義変更(売買・贈与・財産分与)に関連する記事