抵当権抹消登記

抵当権抹消登記

<抵当権抹消の手続を承ります>

 

住宅ローンの返済が終わると借入れの際に設定した抵当権は効力を失いますが、抵当権の登記は手続をしない限り登記簿に残ってしまいます。住宅ローン完済後は出来るだけすみやかに抵当権抹消登記の手続を行うことをお勧めします。

 

登記簿に抵当権の登記が残っていると、たとえ既に抵当権の効力が失われているとしても、それは他の人にはわからないため不動産を売却する際などに支障が生じることが考えられます。

 

また、銀行等から渡される書類の中には有効期間のある書類もありますし、長期間手続を放置しておくと不動産所有者の相続や金融機関の合併等によって権利関係が複雑となり、抵当権抹消の手続も複雑となることもあります。

 

当事務所は土曜日も平常どおり業務を行っておりますので、平日に時間のとれない場合にも、どうぞご遠慮なくお問合せください。

 

抵当権抹消の対象となる不動産が埼玉県外にある場合でも対応可能です。当事務所の報酬は物件所在地がどこであっても同一です。

登記手続のために準備をする書類など

登記手続のために準備をする書類等は次のとおりです。

 

・登記原因証明情報(解除証書、弁済証書など)

 

【金融機関】
・抵当権設定登記済証(または登記識別情報)
・資格証明書(平成27年11月から不要となりました)
・登記委任状

 

【抵当権設定者の方】
・印鑑(認印でも可)

 

その他、事案により別途準備の必要な書類もあります。

抵当権抹消登記手続のための費用

登記手続にかかる費用は次のとおりです。

 

誰が手続をしてもかかる費用として

 

・登録免許税
 不動産1つにつき1,000円

 

司法書士に登記を依頼する場合、上記に司法書士報酬が加わります。
なお、当事務所に依頼された場合の報酬の目安は次のとおりです。

 

・12,000円〜(税別)

 

抵当権の件数と物件の個数、住所変更登記の有無により変わります。
必ずご依頼前に見積を行って費用の確認をしていただいています。
(実費と報酬の合計は2万円前後となることが多いです)

どうぞ、お気軽にご連絡ください

まずは、電話またはメールにてご連絡ください。

 

<電話でのお問い合わせ>
048-851-6020
(受付時間は月曜日〜土曜日の9:30〜17:30です)

 

<E-Mailでのお問い合わせ>
info@office-seo.net
(原則、お問い合わせから24時間以内に返信させていただいております)

 

抵当権抹消登記のご依頼の際には、次のような書類等を準備しておいていただくと手続きがスムーズに進みます。

 

・銀行から送られてきた抵当権抹消登記関係書類一式
・物件所有者の方の認印
・物件所有者の方の身分証明書

 

当事務所へご来所の際には、必ず事前に御予約をお願い致します。

抵当権抹消登記に関連する記事