相続放棄

相続放棄手続業務のご案内

相続に関するお話しをしていると「自分は相続を放棄しました」とおっしゃる方がおられます。

 

大抵の場合、それは「他の相続人と遺産相続についての話合い(遺産分割協議)を行った際、自分は何も遺産を受け取らないことにした」という意味でおっしゃっています。

 

もちろん、それは他の相続人の方との間の取り決めとしては有効なのですが、遺産の中に借金がある場合、債権者はその取り決めには拘束されません。そのため、借金の催促はその取り決めに関係なく法定相続分に応じて行われることになります。

 

もし、亡くなられた方に多額の借金があるなどして「自分は相続に一切関わりあいたくない」ということであれば、相続が開始してから一定の期間の間に「相続放棄」の申立てを家庭裁判所に対してしておく必要があります。

 

「相続放棄」の申立てを行ってそれが家庭裁判所で受理されると亡くなられた方のプラスの財産もマイナスの財産も一切引き継がないことになり、それは他の相続人ばかりでなく借金の債権者に対しても主張することができます。

相続放棄手続の流れ

■相続財産の調査をします。

「相続放棄」の手続きをすると、プラス・マイナスを問わず亡くなられた方の一切の遺産を引き継ぐことがなくなります。家庭裁判所に「相続放棄」の申立をした後で、引き継ぎたい遺産がみつかったとしても、「相続放棄」の手続きを撤回することはできません。

 

家庭裁判所に相続放棄の申立をするのは「自己のために相続があったことを知った時から3か月以内」に行わなければならないとされています。また、相続財産を売却したり壊したりしてしまっていると、3か月以内でも相続放棄はできなくなってしまうので、注意が必要です。

 

もし、3か月以内に相続財産の調査を終えられないような事情がある場合には、家庭裁判所に「熟慮期間の伸長申立」というものを行えば、期間の延長が認められる場合があります。

 

■家庭裁判所に提出することが必要な書類を作成・収集します。
・相続放棄申述書
・亡くなられた方の戸籍謄本
・亡くなられた方の除住民票
・相続放棄をする方の戸籍謄本
※相続放棄をする方と亡くなられた方との関係によって必要書類は異なります。

 

■家庭裁判所に相続放棄申述書と集めた戸籍謄本等を提出して申立てをします。
申立てをする裁判所は亡くなられた方の最後の住所を管轄する家庭裁判所です。

 

■裁判所から送られてくる文書への回答
申立後、家庭裁判所から「照会書」等の書面が送られてきますので、その内容に回答を記入して、家庭裁判書に返送します。
事案によっては、家庭裁判所と申立人の間の「照会書」のやり取りが行われることなく、手続きが進む場合もあります。

 

■相続放棄申述受理通知書の受領
相続放棄申立の受理によって、相続放棄が認められたことになります。

 

■相続放棄申述受理証明書の交付申請と受領
債権者から提出を求められている等、必要があれば「相続放棄申述受理証明書」を家庭裁判所に申請して交付を受けます。

相続放棄手続の費用

相続放棄手続にかかる費用は次のとおりです。

 

誰が手続をしてもかかる費用として

 

・相続放棄申述書に貼付する印紙
 800円
・予納郵券(手続きに使用する郵便切手)
 必要となる金額や枚数は管轄の家庭裁判所により異なります。

 

司法書士に登記を依頼する場合、上記に司法書士報酬が加わります。
なお、当事務所に依頼された場合の報酬の目安は次のとおりです。

 

・1名につき 35,000円〜(税別)

どうぞ、お気軽にご連絡ください

まずは、電話またはメールにてご連絡ください。

 

<電話でのお問い合わせ>
048-851-6020
(受付時間は月曜日〜土曜日の9:30〜17:30です)

 

<E-Mailでのお問い合わせ>
info@office-seo.net
(原則、お問い合わせから24時間以内に返信させていただいております)

 

相続放棄手続のご依頼は瀬尾司法書士事務所(埼玉県さいたま市
中央区・埼京線北与野駅前)へ。

 

土曜日も通常どおり営業を行っていますので迅速な対応が可能です。

相続放棄手続業務に関連する記事